ヒートスリム42℃ 痩せやすい体質

ヒートスリム42℃で痩せやすい体質と痩せにくい体質の違い

痩せやすい体質と痩せにくい体質の違い
「なんでそんなに食べても太らないの!?」

 

…こんな体質の方、あなたの周りにも1人はいるのではないでしょうか?

 

食べる量は自分より多いのに、なんであんなに細いんだろう・・・と思った経験がある方は多いはずです。

 

それでは一体なぜ、同じ人間、同じ日本人なのに痩せやすい体と痩せにくい体の人が居るのでしょうか?

 

白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞

私たちの身体を形成する細胞の一つである脂肪細胞。

 

脂肪細胞は、脂肪の合成や分解、蓄積などを行う細胞です。

 

この脂肪細胞には、大まかに分類すると2つの種類が存在します。

 

白色脂肪細胞

脂肪細胞は、余分なカロリーを脂肪に変え、体内に蓄積する働きを持っています。

 

体内の脂肪細胞の大部分は白色脂肪細胞と言われており、特に白色脂肪細胞が多いパーツとして、お腹周り、太もも、お尻、背中、二の腕などが挙げられます。

 

褐色脂肪細胞

褐色脂肪細胞は、発熱することで全身の体温を保ったり、余分なカロリーを燃焼する働きを持っています。

 

褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞の保有割合は、おおよそ1%:99%と言われており、保有割合の個人差はほとんどありません。

 

しかし、褐色脂肪細胞の働きが生まれながらに活発な方、そうでない方が存在し、活発な方=脂肪の燃焼能力が高く、痩せやすい方となります。

 

ちなみに、日本人の3割は、褐色脂肪細胞の働きが活発でない…つまり、太りやすい体質であると言われています。

 

褐色脂肪細胞の活性化=痩せやすい体質への改善

痩せやすい体質と痩せにくい体質の違い
褐色脂肪細胞が脂肪燃焼効果を持っている…それなら、褐色脂肪細胞自体を増やせば良いんだ!と思いがちですが、実はその保有割合を増やすことはできません

 

しかし、褐色脂肪細胞の働きを活発にすることは可能です。

 

その方法とは、寒冷刺激を与えることです。

 

身体を冷やすことは、褐色脂肪細胞の働きを活発にし、痩せやすい体質への改善につながります。

 

この時に有効なのが、冷やす→温めるを交互に繰り返すことです。

 

これにより、冷たい水で入浴をするなど、ただ単に褐色脂肪細胞に寒冷刺激を加えるだけではなく、温熱効果によって寒冷刺激を大きくすることができます。

 

つまり、ヒートスリム42℃を更に効果的に使いたい!という場合は、冷たい水で入浴したり、凍らせたペットボトルを体に当てたりした後に、ヒートスリム42℃を貼ると、その効果を最大限に発揮できるんですね。

 

気になるヒートスリム42℃の口コミ効果を、購入して試してみました!
その結果が気になる方はトップページから詳細を確認してみてくださいね。

 

ヒートスリム42℃ 部分痩せ 不可能